ウェディングドレスについて

 ウェディングドレスのクリーニング

ウェディングドレスの専用のクリーニング工程は以下のような流れで作業が行われます。

商品の受取り

ウェディングドレスに識別マーク&簡単な検品

本検品の破れや汚れをチェック

汚れのひどい箇所を前処理

生地や洗い指示に応じた洗浄

乾燥

後処理

オゾン水使用などで特殊染み抜き

生地に応じたアイロンがけ

パッキング

赤外線室で保管

△トップへ

検品作業

検品はクリーニングの作業を行う前の重要な工程で、特殊な素材や作りをしているウエディングドレスは、そのままクリーニングを行うと予期せぬトラブルを引き起こします。事前にしっかりと検品を行って、穴、キズ、色出、付属品や染み、汚れがないか、もしあった場合はどのようにクリーニングするかをチェックし、次の工程に移ります。

事前に、穴やキズ、糸引き(スリップ)、ヤケ、洗うと破れが広がる恐れのあるものや色出、色付き、洗浄中に色出の恐れがあるもの、飾り、付属品の有無、まtそれは取り外し可・不可、紙製か、糊付け加工か 染み、汚れのチェックをします。

△トップへ

前処理

検品時に汚れのひどい部分が見つかった場合など、前処理として部分的に汚れを除去します。専門の職人がそれぞれの生地と汚れにあった方法で、丁寧に作業をします。洗浄で除去できない場合は洗浄・乾燥後に染み抜きをします。

△トップへ

洗浄

洗浄は大きく分けて2つあります。

1.石油系溶剤(ドライクリーニング)
品物の風合いを損ねる事なく洗う事ができます。

2.水洗い、オゾン溶水(※)洗い
洗浄力は強いが縮みの発生や風合いが変化しやすくなります。 通常は(1)の方法で作業しますが、時にどうしてもドライクリーニングでは落にくい汚れがあった場合に使います。事前にお客様に事情を説明し了解をいただいた上で行います。

△トップへ

乾燥

乾燥時は乾燥機は使わず、すべて自然乾燥にて行います。生地に縮みやシワなどを発生させない為には、自然乾燥が一番よい方法で、乾燥機に比べ時間を要しますが、大切な思い出をより大切に扱うための時間です。

後処理

洗浄まで石油系溶剤を中心とした洗浄を行っているので、この段階で残っている汚れは、水溶性である可能性が高く、該当箇所に部分処理をします。

仕上げは熟練した職人が1枚ずつ生地に応じたアイロン手仕上げを行い、その後最終チェックを行いクリーニング完了です。

飲食物によって汚れた部分の処理について

食べ物や飲み物などで染み付いた汚れは、胸元などに見つかる場合が多く、さらに日本酒やワインなど、透明に近いものが洗浄後に黄変して浮き出てくる場合があります。
これらの汚れに、漂白剤などの薬剤を中心に使用すると生地の光沢がなくなったり、生成りの生地の場合はその部分が白く抜ける恐れがあります。

そのような危険を避けるためにも、極力漂白剤の使用は避けて、汚れの種類に応じた処理剤を使い分けながら洗浄します。

◆おすすめWEBサイト 5選◆

オーダー家具の店

2017/10/5 更新

△トップへ

(C)ウェディングドレスについて