ウェディングドレスについて

海外ウェディング

海外での挙式とはどんなものなのでしょうか

海外で結婚式を行う場合に、新郎新婦だけの場合、または親族や親しい友人のみの数人で行われる事が多く、披露宴に関しては帰国後改めて行う事もあります。

海外挙式は、行う国によってそれぞれ特徴があります。海辺のチャペルや古い歴史を持つ教会や、テーマパークでの結婚式など、国内ではなかなか実現できない結婚式を挙げる事ができるのも魅力の一つでしょう。

新婚旅行をかねた結婚式を一緒に行う事が多く、準備も結婚式の準備と旅行の準備の両方を上手く進めていく必要があるでしょう。

△トップへ

海外挙式のポイント

まず、国内で海外挙式のプロデュース会社か、または海外挙式を取り扱っている旅行代理店などで海外挙式の相談をし、必要な準備や申し込みなどの手続きをします。

海外挙式を取り扱っているプロデュース会社によって力を入れている地域やスタイルなどがあります。自分に合った海外挙式を取り扱っているプロデュース会社を回って探すことがポイントでしょう。

また、海外で衣装のレンタルができるか、写真などのオプションサービスなども事前にチェックしておく必要があります。ウエディングドレスのレンタルが可能な場合は、国内でウエディングドレスを試着して選べるサービスを行っているところもあるようです。
自分のドレスがある場合には、持っていく事ができるかどうか確認しておきましょう。

△トップへ

海外挙式の費用

海外挙式用のパック料金などの場合100〜150万円程度の予算で5日程度の旅行とセットのプランなどがあります。招待客がいない場合や披露宴を行なわない為、全体的にはそこまで費用がかからない事もあります。

帰国後に披露宴のようなパーティーを行ったり、長期の新婚旅行を予定している場合、それなりの予算がかかるでしょう。また、海外挙式ではセレモニーとしての挙式、またその国や日本で法的な効力のある挙式もあります。

「リーガルウエディング」「フォーマルウエディング」と呼ばれる法的な効力のある挙式は事前に申し込んでおく必要があり、手続きに費用がかかる場合があります。

この方法での挙式の場合では、日本の戸籍にも反映されます。セレモニー挙式「ブレッシングスタイル」では、特別な手続きは必要ありませんが、事前に入籍しておく必要があります。

△トップへ

注目サイト

iphone修理 京都
http://www.iphone-castle-kyoto.com/

最終更新日:2017/5/11

(C)ウェディングドレスについて